忘年会シーズンの開業を目指すなら


 忘年会シーズンの開業を目指すなら

 

こんにちは。シーズ行政書士事務所 特定行政書士の中村麻美です。

最近は朝夕が涼しくなって、秋を感じる季節になってきましたね。

ちょっと気が早いのですが、

忘年会シーズンの開業を目指すなら、今がギリギリの時期です。

 

風俗営業は、警察署に申請してから許可まで55日が標準処理期間です。

だいたい2カ月ですね。

ですから、12月の開業を目指すなら、今がギリギリの時期なのです。

 

 

 12月に開業したいというお客様が多いので、

風俗営業を専門にしている行政書士事務所はこの時期大変忙しいはず。

タイミングを逃すと、

「すみません、手一杯で新規は受け付けてません」

となることも。

 

ちなみに、1月の開業も大変人気で、年末に近づくほど申請は込み合います。

できるだけ早く信頼できる行政書士事務所を見つけて依頼しておくことをお勧めします。

 

 

私が考える信頼のポイントは、

・料金

・申請のスケジュール

をはっきり提示してくれることです。

 

ただし、大事なのはスケジュールのほうで、

すばやく申請できるかどうかが最も大事だと考えています。

なぜなら、

 

 

早く申請すれば、その分早く許可が出るからです。

逆にいえば、早く許可がほしかったら早く申請するしか方法がないのです。

 

 

1日、2日、1週間、開業日がそれだけ早くなれば・・・。

行政書士事務所に払う報酬と、営業で得られる利益とを比べてみれば、

早いことが最もお客様にとっての利益になると考えています。

 

年末年始の開業をお考えのオーナー様、まずはお電話ください。

ご希望の開業時期もご相談くださいね。

 

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree