読字系行政書士の「今日読んだもの」ブログvol.4


「秋の花」

著者:北村薫

出版社:東京創元社 創元推理文庫480円

201006142241000


一字一句噛みしめるように読む本です。

もう何回読んだかわかりませんが、読むたびに染み入るところが違います。

推理小説なのでなぞ解きはありますが、

登場人物の会話、しぐさ、考えることなんかを丁寧に読んでいくのがお勧めの読み方です。

ストーリーだけ追ってしまうと勿体ない!

登場人物それぞれの年代、立場によって日常の風景でさえも違って見えるということを、

その時その瞬間にしか出会えない感情を、思って読むことができます。

何かうまくいかないことがあった時にも、それさえも大切だったと後にふりかえるような気分にさせてくれる物語です。

しみじみ。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree