決算!


いよいよ16日から確定申告が始まります。

会計ソフトに入力した数字を、誤りがないか確認しつつ、

去年の売上推移を眺めてました。

よし、右肩上がり!・・・ひく~いところからスタートしてるから?


会計は、受任時にもらった着手金と手続き費用を「預り金」として処理し、

申請完了時や司法書士の登記完了時に「売上」にしています。

だから、実際お金が入ってきたときと、売上計上する時期にずれがあります。


会計記帳とは別に、事件簿なるものも備え置くのが法定なので、こちらも付けていますが、

こちらはいつ受任して、いつ入金があって、いつ完了したか、で管理しています。

感覚的には、事件簿の方が、頭の中のお金の流れとあっています。


改めて記帳したものをみると、実際のお金の動きより後ろにずれてる感じがしましたね。

運よく、年をまたいでしまう案件はなく、12月の仕事は全て12月で計上できてました。


会計ソフトの入力は面倒くさいのですが、税理士さんに指導してもらいながら、

帳簿類と眺めてたらちょっと興味がでてきました。


税金は収入にかかるの?所得だっけ?とか、

消費税のこと忘れてて、預かり金を全部売上にして、経費で処理しようとしてたりとか、

危ない部分も多々ありましたが、昨年末には、

「使いこなしてますね~」と税理士さんに褒められるほどになりました(自慢です)


補正なく、終わると良いんですけどね。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree