【お知らせ】4月1日から、登記簿謄本が1通700円になる予定です(窓口請求)


「4月1日から、登記事項証明書の交付請求にかかる登記手数料は、

登記印紙に替えて、収入印紙で納付していただくことになります。」

「ただし、登記印紙についても、これまでどおり登記手数料の納付に使用することができます。」


だ、そうです。

そして、窓口で請求すると、現在1通1000円なのですが、4月1日から700円になることが、

予定されています。

現在の内閣ごと、予定が無くなることもある、ということでしょうか・・・。

現在でも、オンラインで請求すると700円ですが、郵送されてくるので、

「今すぐ欲しい!」と言う場合は、どうしても窓口請求にせざるをえませんでした。

設立直後は、印鑑カードの交付請求を窓口でするついでに、謄本も取ってくるので、

だいたい1000円払ってましたね。

設立後は、あちこちに届出が必要で、3~4通くらいは登記簿謄本必要なので、

300円値下がりすると、1000円前後安くなる計算です。うれしいですね。


また、登記印紙より収入印紙の方が身近なので、便利と言えば便利かもしれません。

私はいつも、法務局の窓口で謄本を請求して、待ってる間に登記印紙買っていたので、

別段便利になるわけではないですが、まあ、収入印紙の方がなじみがありますよね。


収入印紙、登記印紙、のほかには、特許印紙なんてのも有ります。

特許印紙は、登記印紙以上になじみがないですね。特許庁で買うのでしょうか。


このお知らせは、先日東京法務局本局に用事があって出かけた時に、ふとチラシを発見して

知りました。

行政書士の業務でも、登記簿謄本をとるのはよくあることなので、行政書士会からアナウンスがあっても

よさそうなのですが、今のところ有りません。

まあ、予定ですからね、仕方ないかな。




コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree