リアルとバーチャル


日本葬祭アカデミーの事務所で。圓福寺の住職である大谷良海さんにお話を聞く機会がありました。

平時に坊主(と、ご自身でおっしゃっているので坊主と呼ばせていただきます)に会う機会自体ほとんど

ありませんので珍しい体験ですが、大谷さんは私の坊主感からはかなりはみ出したご仁でした。

・恰幅が良く

・声が大きく

・明るく

・日に焼けていて

・裏時事情も話しちゃう

ね、一般的な坊主とは違いますよね。


他人との関わり方が解らない幼稚園児 と その母親の話や、携帯電話が通じないお寺に

わざわざ都会から避難してくるサラリーマンの話など、いろいろおもしろいお話を聞けました。

そういえば、座禅や写経が一時期ブームでした。その場にいかなければ体験できないことを

もとめて人が動くというのは、リアルな体験を求めることに他なりません。

「GWは海外!」というのも、そのひとつです。

前出の幼稚園児は、言葉でしかっても解らないので頭をたたいた(自転車用のヘルメットかぶってたそうです)

ら、きちんと挨拶ができるようになったそうで。リアルのインパクトはすごいんですね。

まあ、この話をきいたとき別の意味で「すごい坊主だ」とは思いましたけど。


201105040107000

 GWもちょこちょこ仕事なので遠出はしないで

好きな本をむさぼり読んでます。

「知られざる特殊特許の世界」

稲森 謙太郎氏 著

太田出版


トンデモ発明を「これは特許されるか」と

真面目に分析してくれます。しかも、発明者に

インタビューまでしてくれて、「そこ、どうなの?」

というところもしっかり突っ込んでくれます。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree