飛沫防止カーテン等の設置が可能に!

2020年6月16日 火曜日

こんにちは、シーズ行政書士事務所代表の中村麻美です。

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、これまで接待を伴う飲食店は休業要請の対象でしたが、

6/19に全ての業種の休業要請が解除されることとなりました。

 

営業開始に伴い、感染拡大防止のガイドラインが発表されています。

 

これまで社交飲食店や、深夜にお酒を提供するお店では、

客室の見通しを妨げる設備を設けることができませんでした。

(透明のカーテン等であっても、これまでは見通しを妨げるような設置はできませんでした)

 

この点に関し、12日付で下記の取り扱いにする旨、通知が出ています。

新型コロナウィルス感染拡大防止を目的とし、

無色透明な衝立、カーテン、アクリル板等を客室内に設置することが可能となります。

設置後の変更届や、事前の構造変更承認は不要です。

 

なお、無色透明に限り、感染拡大を目的としたものに限りますので、ご注意ください。

 

【東京都 助成金】テイクアウトを始める飲食店

2020年4月23日 木曜日

【東京都 助成金】テイクアウトを始める飲食店

 

これからテイクアウト、デリバリー等を始める飲食店に、

初期費用や梱包材、宣伝広告費用などの4/5が助成されます(上限100万円)。

4月1日以降にテイクアウト等を始めた飲食店も対象になります。

 

詳しくは、東京都中小企業振興公社のホームページ

 

【東京都】飲食店、バー、キャバ他 50万円受け取ろう

2020年4月16日 木曜日

【東京都】飲食店、バー、キャバ他 50万円受け取ろう

 

対象:都内に店舗や営業所がある中小企業及び個人事業主

 

東京都の要請に応じて、休業や営業時間の短縮に応じた飲食店や、

バー、キャバクラ、その他事業所に、

「感染拡大防止協力金」が給付されます。1店舗につき50万円、最大2店舗100万円です。

 

東京都が休業等を要請している店舗などである

東京都総務局ホームページで対象店舗が確認できます。

緊急事態措置期間中(令和2年4月11日から5月6日まで、最低でも4月16日から5月6日まで)に休業等の要請等に全面的にご協力

給付申請しましょう!

 

詳しくは、東京都労働産業局のホームページ

 

4/22に申請受付開始、同日、申請方法も公開されます

【全国・事業者・給付金】前年同月比で売り上げが半分以下になった!

2020年4月13日 月曜日

【全国・事業者・給付金】前年同月比で売り上げが半分以下になった!

 

昨年より売り上げが大幅に減少している事業者への給付金です。

対象は、全国の、

・新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者
・ 資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランス
・医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など

 

概要はこちら(経済産業省ホームページより)

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf#search=’%E6%8C%81%E7%B6%9A%E5%8C%96%E7%B5%A6%E4%BB%98%E9%87%91′

 

プリンターがない→スマホを使ってコンビニで印刷する方法(セブンイレブンホームページ)

https://www.printing.ne.jp/index_p.html

 

相談ダイヤル

中小企業 金融・給付金相談窓口 0570ー783183(平日・休日9:00~17:00)

 

詳細は4月最終週をめどに発表される予定です。

状況・情報は日々変化しています。常に最新の情報をキャッチできるよう、

マメに経済産業所のホームページをチェックすることをお勧めします。

【全国・飲食店】お酒のテイクアウト免許

2020年4月13日 月曜日

【全国・飲食店】お酒のテイクアウト免許

 

お酒をテイクアウトするには、酒小売り免許が必要です。

この度の緊急事態にかんがみ、簡易な方法で期限付きの免許が取得できるようになりました。

対象は、飲食店です。

 

概要はこちら(国税庁ホームページ)

https://www.nta.go.jp/taxes/sake/qa/03b/03.htm

 

申請様式はこちら(国税庁ホームページ)

https://www.nta.go.jp/taxes/sake/kansensho/0020004-077.htm

 

プリンターがない→スマホを使ってコンビニで印刷する方法(セブンイレブンホームページ)

https://www.printing.ne.jp/index_p.html

 

お問い合わせはこちら(国税庁ホームページ)

https://www.nta.go.jp/taxes/sake/sodan/index.htm

 

非常にシンプルな申請手続きになっています。

まずは、概要を確認し、申請様式を見てみましょう。記入例もあります。

申請は郵送でもできますので、ぜひご自身でチャレンジしてみてください。

 

 

「登記されていないことの証明書」の添付が不要になります

2019年11月22日 金曜日

風俗営業、特定遊興飲食店の欠格事由(許可がとれない理由)が一部変更になり、
「登記されていないことの証明書」の添付が不要になります。

 

2019年12月14日以降の申請より変更になります。

 

なお、それに伴い誓約書の内容も一部変更になります。

誓約書に不備があると、申請が受理されない可能性がありますので、

事前に行政書士にご相談ください。

保育所の新設に注意!

2019年11月18日 月曜日

秋、春は保育所が多数新設される季節です。

認可保育所が規定距離内にあると、風俗営業の許可は下りません。

 

新設される認可保育所の場合、

申請時及び許可までの間に、そこに認可保育所ができると決まった時点で、不許可になります。

開園が仮に1年後でも、できると決まった時から保全対象施設になり、許可が下りなくなります。

 

まだできてもいない保育所をどう確認するかというと、

市区町村役場のホームページが参考になります。

新設の案内が出ていたら、その時点で申請はあきらめることになります。

 

また、弊所は出店候補地の周辺を必ず歩いて調査して、工事中の建物や空き地があれば、

何ができるかも必ず確認します。

 

そういった細かい作業を怠って「この辺はキャバクラが多いから大丈夫」を甘く見ていると、けっきょく出店できずに大きな損をすることもあります。

 

風増営業の許可申請は、調査が命です。

まずはそこをしっかりと。弊所にお任せください。

LINEでのお問合せができるようになりました

2019年5月30日 木曜日

より気軽に問合せができるよう、LINEでのお問い合わせを始めました。

QRコード を読み込むか、LINEの検索画面で@125ekuyu と検索してみてください。

友達追加して、メッセージを送ってください。

フェイスブックページからメッセージを送っていただくこともできます。

 

スマホ版のHPだと、フッター部分にリンクがあります。少しわかりずらいかもしれません。画像を参考にしてみてください。

 

メッセージは24時間受け付けておりますが、返信は営業時間内のみとさせていただきます。

 

 

 

 

活動報告

2019年3月11日 月曜日

2月1日から3月11日までにご契約いただいた件数1件ごとに、

また、弊所のお客様が新店をオープンされた際にも1店舗につき1,000円を、

日本赤十字社が受付している義援金として寄付いたします。

 

今年は、
2件の新規オープン、
9件のご契約がありましたので、
11,000円を、日本赤十字社を通じて東日本大震災の義援金として寄付いたしました。

お客様に代わって義援金を届けます

2019年3月1日 金曜日

今年も、お客様に変わって義援金を届ける活動を行います。 (実際に届けてくださるのは、日本赤十字社ですが)

 

2月1日から3月11日までにご契約いただいた件数1件ごとに、

 

また、弊所のお客様が新店をオープンされた際にも1店舗につき1,000円を、

 

日本赤十字社が受付している義援金として寄付いたします。

 

 

 

昨年の活動報告についてはこちら

 

 

 

日本赤十字社の活動についてはこちら